地道に密教修行

天台寺門宗の祈祷寺院にて密教の修行しております「亮和(りょうな)」と申します。修行、信仰を通じて感じたことなどを綴っていきます。※過去(本格的な修行前)に「地道に観音信仰」というブログを運営しておりました。どうぞ気楽にコメントいただけると嬉しいです!

「蟲師」は世界観が凄い!……という話

蟲師」という漫画・アニメーションをご存知ですか?

 

私は原作の漫画は読んだことはないのですが、アニメーションでこの作品を知り大好きになりました。

youtu.be

 密教、特に修験道を修行する人間にとって、この蟲師で描かれている「世界観」は、いちいちリアルすぎてとてつもなく説得力がありますよね?

 この世界に登場する「蟲」というのは『精霊・幽霊・妖怪といった怪異を作者なりに「普通の人には見えない生命体の営みから起こる現象」と解釈し、この世のあらゆる生命よりも命の源流に近いものが「蟲」となっている(ウィキペディア)』とあるように、非日常に登場する不思議の「根源」という描かれ方をしている。

 この世界観がなんとも「リアル」だと思いませんか?この「蟲」という存在自体では「意志」を持ったない根源的な生命体であるという設定。……ってことはつまり「蟲」の存在自体に「善悪」は全くないということがなんとも「真理をついているなあ」と感じるところ。

 だから人間にとっての「悪い事」が起きるのは、「蟲」に人間が介在することではじめて「悪」として具現化してしまうという設定になっている。

「人間のいない場所には霊は出ない」

「人間に霊を引き寄せる原因がなければ霊は寄り付かない」

 そんなセリフを聞いたことがある人は多いですよね?

 これの「霊」というところを「蟲」と置き換えると、「蟲師」の世界観が秀逸であることが見えてくると思います。

 「蟲」というのは意志を持たずただ「ある性質」をもったただの生命体。それ自体では地球に於いて善も悪もない。ただその「蟲」の性質に「人間の闇」が結びつくことで「(人間にとって)悪い事」が起きてしまう。ほら、凄くないですか?この世界観。

 作品の中では『蟲師とは蟲に関するあらゆる事象を取り扱う、蟲専門の医者、研究者』という説明がされている。山を歩き旅をする主人公「ギンコ」の振る舞いは「修験者」と何も変わらないこと思うこの頃……

 

 記事が参考になったら

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

 

f:id:spincast:20200721105435p:plain