地道に密教修行

天台寺門宗の祈祷寺院にて密教の修行しております「亮和(りょうな)」と申します。修行、信仰を通じて感じたことなどを綴っていきます。※過去(本格的な修行前)に「地道に観音信仰」というブログを運営しておりました。どうぞ気楽にコメントいただけると嬉しいです!

批判の裏に潜む「真の目的」は、エゴのマウンティング

 私が武道・格闘技に目がないのは何度も記事にしている通り、だから毎日お気に入りの格闘家のyoutubeはチェックしている。

 人気のYoutubeチャネルは格闘家とはいえ、みな「弁が立つ」人が多く、「講師」が職業の私からすると「格闘技」の話よりも「話のスキル」ばかりに意識が行ってしまうことがしばしば。

 そんな「話の旨い」格闘技Youtuberに「細川バレンタイン」という元ボクサーがいる。

 さて、その「細川バレンタイン」の動画をわざわざ「仏教ブログ」で紹介するのは、タイトルにあるとおり、仏教の話題で加熱しがちな「批判合戦」でもこの「罠」にハマるリスクが大いにあると思ったからだ。

以下動画、最初飛ばして9:00くらいからご覧になってみてください。

youtu.be


 動画は格闘技が好きな方は耳にしたと思うが、先日行われたRIZIN大阪大会での「バッティング問題」だ。バッティングとは簡単に言うと「頭突き」による反則行為のこと。

 これをいつもやってしまう有名選手がいるのだが、その日の大会は特にこれが問題になり多くの著名人を巻き込んだ「騒動」が巻き起こった。

 その「バッティング問題」に鋭い考察をしたのが上述の「細川バレンタイン」だ。

 

それは「結局だれもバッティングの話をしていない」「バッティングという話題を借りた自己主張をしているだけ」というもの。

 

 これ仏教を話題とした「論争」で「あるある」だと思いました。「それはほんとの仏教でない」「間違っている」としきりと絡んでいる人は「マウントがとりたい」だけで「その人のエゴを満足する」という無意識に気付ていないことのなんと多い事か。

 

f:id:spincast:20210720142814j:plain

 

私もそうならないように十分注意したい(この記事もね:(笑))

 

記事が参考になったら

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村