地道に密教修行

天台寺門宗の祈祷寺院にて密教の修行しております「亮和(りょうな)」と申します。修行、信仰を通じて感じたことなどを綴っていきます。※過去(本格的な修行前)に「地道に観音信仰」というブログを運営しておりました。どうぞ気楽にコメントいただけると嬉しいです!

「クリカラ」という風

 今日も「倶利伽羅龍王」の関連記事です。

f:id:spincast:20201219214645j:plain

 仏教に取り込まれる前の「倶利伽羅龍王」の話。

 インドのバラモン教で新ウパニシャッドには既に「クリカ」「クリカラ」の名前が登場するとある。ここで興味深いなあと思ったのが「龍」の名前として「クリカ龍」が登場するが、「クリカラ」は「風」の名前として登場しているとある。

 つまり「クリカラ風」。このころには「クリカ龍」「クリカラ風」は明確に区別されていたようですね。それが密教経典の儀軌に入ると「クリカ」も「クリカラ」も龍の名前として登場するとあります。「龍」と「風」との関りは皆の知るところだと思います。

 淵源としてのバラモン教時代にも「龍」と「風」に関係性を見出していたというのが興味深いですね(「倶利伽羅龍王信仰の研究(斎藤彦松)」参照)。

f:id:spincast:20210118113735j:plain

引用:「倶利伽羅龍王信仰の研究(斎藤彦松)」

 またこの資料には「龍」と言えば「降雨」の功徳を思い浮かべますが、最初に説かれたのは「病疾の除差」とあります。「病疾の除差」の功徳は多くの尊格が持つ功徳とはいえ個人的にはとても関心のある功徳なので倶利伽羅龍王にもその功徳があったことに少なからず「ご縁」を感じた次第です。

今日のところはここまで。

 

記事が参考になったら

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村