地道に密教修行

天台寺門宗の祈祷寺院にて密教の修行しております「亮和(りょうな)」と申します。修行、信仰を通じて感じたことなどを綴っていきます。※過去(本格的な修行前)に「地道に観音信仰」というブログを運営しておりました。どうぞ気楽にコメントいただけると嬉しいです!

分かりやすい新型コロナデルタ株動画 

ご存知中田敦彦の「YouTube大学」あっちゃんのわかりやすく伝える技術は素晴らしいですね。コロナの最新情報がよく理解できました。皆さんも是非、全てご覧になってください。https://youtu.be/IKrGE4lRF80https://youtu.be/k2UJ1HMttnk

ワクチンの副反応について

二日ほど臥せっていました。 原因は「ワクチン」の副反応です。 私はモデルナ社製のワクチンを接種したのですが、一回目は8/23、二回目が9/20、つまり一昨日です。 一回目は注射を打った側の腕が翌日かなり痛みがあり腕を上げるのがつらかったのですが発熱ま…

荼枳尼天 完成

荼枳尼天、これで本当に完成とします。 前回の画像からそんなに変更点はありませんが以下の点、修整しました。①白狐の顔を朱を入れて、かつ額に紋様をつけました②頭上の黄狐の顔を塗り直しました③荼枳尼天さまの胸に金、碧の模様を入れましたまた、厨子への…

荼枳尼天は速い!だから優しい!?

荼枳尼天の験は「速い」と聞く。 なぜか? 『その狐は金翅鳥が翼をひと「はばたき」で一千里飛ぶが如く疾走する(其狐疾走如金翅鳥一翼翔一千里) 「刀自女経」に依る荼枳尼天が乗る白狐の描写である。 狐の走力を「金翅鳥」に例えるのは不思議な感じがする…

荼枳尼天像 完成間近!(写真追加)

以前から何度となく記事にした製作中であった荼枳尼天像……彩色で苦労しまくりました(泣) なにぶん初めての試みで、なかなか思ったように出来ず、危うく挫折しそうになりました…… 自分がイメージしていたクオリティーにはとても届きませんが、一旦どこがで…

『紅蓮華』じゃなくて『青蓮華』 多羅菩薩完結編

「紅蓮華」と聞けば、大ヒットした鬼滅の刃の主題歌を思い出す人がほとんどでしょうか。いやいや、鬼滅の刃より進撃の巨人の「紅蓮の弓矢」を真っ先に思い出すなんてひねくれ者もいるかもしれません!? でも、仏教徒である皆さまは「紅蓮華」と言えば観音さ…

お供物はどうする?

皆さんは、神仏へのお供物はどうされていますか? 密教の行(祈祷)では、お供えするものは儀軌に従うので問題ないのですが、私は信者時代、割とこれに関しては悩みました。 なぜ悩んだかと言えば……「苦手」だからです。 私は実生活でも記念日に「プレゼント…

女尊「ターラー」とは?その①

先に予告していました准胝仏母のお経である『仏説七倶胝仏母心大准提陀羅尼経』に出てくる尊格の解説をしていこうと思います。 第一弾は「多羅菩薩」です。 まずは多羅菩薩(ターラー女神、ターラ菩薩等の呼び名が一般的)の事が良く理解できる文章を引用し…

猫好きは、ニヤニヤが止まらない動画

有名な動画なのでしょうか。 凄すぎて、可愛すぎて猫好きとしてはたまらないで動画ですね。 youtu.be クリック↓お願いします! にほんブログ村

准胝経に登場するご尊格

以前に在家の方が読経できる准胝さまのお経として地婆訶羅訳の『仏説七倶胝仏母心大准提陀羅尼経』を紹介したことがありました。 ryona.hatenadiary.jp もちろん皆さん日々読んでますよね?(笑) このお経を読んだ方は気付かれたと思いますが、このお経にはい…

精霊供養

丁度、お盆前のタイミングで「精霊供養」を伝授頂くことができ昨日結願となった。 この精霊供養には「供養」がちゃんと「できているか否か」の「しるし」があるので、「ただやりました」では済まない。 また怖いのは「失敗すれば大変なことになるよ」という…

敵を称賛する文化~スケボーパークで見た奇跡

開催に否定的な意見が多かった東京オリンピックも閉会になった。 私個人の意見としても反対派ではあったが、オリンピック開催中はTVで大会の結果を多くの機会で見聞きした。 コロナ渦での開催に反対とはいえ、出場選手が必死に競技する姿を見れば彼ら彼女ら…

細部にこだわる(猫の手だけど)

小さくても細部にこだわる……と言う事でお狐さまの足はこの子を参考にする事にします(=^・^=)

雲座はご存知ですか?

来迎図では沢山の仏さまが雲に乗ってやってくる絵は多くの人も見たことがあると思う。しかしこと彫刻となると阿弥陀三尊像でも雲座まで作っている例はそれほど多く見かけない。 有名なところとしては平等院鳳凰堂の「雲中供養菩薩」でしょうか。 天部尊では…

『古今著聞集』と『刀自女経』

刀自女経という荼枳尼天の功徳を説くお経について何度か触れたが、私も自分なりに調べていく中で下記のような論文を見つけた。 『古今著聞集』管絃部二五六話の福天縁起について~ダキニ法と『刀自女経』をめぐって 猪瀬千尋 面白いのが1245年という鎌倉時代…

祈願を叶えるための「日々の勤行」

以前に祈願をすれば修行が進むという記事を書いた。 ryona.hatenadiary.jp ポイントは、祈願が叶うということは、叶うために自分の行動が変わらなければならないし、そこに学びが伴うことにもなるし、場合よっては価値観を変えなければならない状況に追い込…

妥協は駄目?!

「修繕」をしていた荼枳尼天さま。守護神をお願いしているご尊格故に自分にご縁のあるお姿と考えた。ならば、得度してすぐからずっとお唱えしていた「刀自女経」を忠実に再現することにした。 元のお姿の面影は全く無い(↓元のお像) 「ここまで」とは、全く…

猫の添い寝

日本には伝統的に、息を引き取ってから埋葬または火葬にするまでの間の夜、近親者が死者とともに過ごすという風習がある。通夜を「お伽(とぎ)」「夜伽」「添い寝」などといって相続人が死者と添い寝をする例があるのは、その風習によるという。 妻は少しナー…

無意識と神仏の声

「無意識のその先に神仏がいる」 ということをこのブログで何度か記事にした事がある。これは現代科学で証明云々なんていうことは土台無理な話だから個々人が「信じる」「信じない」の話になってくる。 「もちろん信じるっちゃ!(宮城弁)」という方は以下…

三鈷剣作成中

荼枳尼天のお経「刀自女経」にある一文、「右手把大刀」について、「三鈷剣」なのか「刀」なのか、記事を書きましたが↓ ryona.hatenadiary.jp修繕中のお像は当初の予定通り「三鈷剣」にしました。あまりに小さいので石粉粘土での作成は難有りで、アルミ板か…

批判の裏に潜む「真の目的」は、エゴのマウンティング

私が武道・格闘技に目がないのは何度も記事にしている通り、だから毎日お気に入りの格闘家のyoutubeはチェックしている。 人気のYoutubeチャネルは格闘家とはいえ、みな「弁が立つ」人が多く、「講師」が職業の私からすると「格闘技」の話よりも「話のスキル…

「逝って良かった」の真意

ここ数回、愛犬「るびぃ」のネタばかりで恐縮だが、先日「妻」との話で少し思うことがあったので記しておきます。 妻は,先だって旅立った「るびぃ」を「はやく逝けてよかったね」と表現した。 「良かった?」 ペットの死を「良かった」と表現するのはとても…

雲に乗る黄狐

荼枳尼天さまの頭に乗せる「黄狐」 仏画に見るお姿は、置物のように小さ過ぎて(頭に頂くので仕方ないが)遠目に見えないものが多い。だから頭の上だとどうしても小さくならざるを得ないので思い切って雲にのせて、お姿も大きくした。大きいと言っても女神さ…

悲しさとは違う「喪失感」の正体

愛犬「るびぃ」への沢山のお悔みのお言葉、改めまして感謝申し上げます。 二夜、「るびぃ」の亡骸と共にしましたが本日、無事に荼毘に付すことができました。 恥ずかしながら「るびぃ」の死によって、この歳ではじめて「喪失感」という感情に襲われました。 …

ご報告 愛犬るびぃのこと

先日、記事にした回復傾向だった愛犬るびぃ。昨日の昼間は、いつになく絶好調だった。久しくなかった「餌の催促」に元気に鳴いた。 散歩も足腰が大分戻って足取りも軽かった。「ああ、もう直ぐ全治するかも」 そんな期待をもしていた。 そしてどうしても取れ…

持物にみる「剣」と「刀」の違い

「左手持如意宝珠、右手把大刀」 先日、少し話題にした荼枳尼天のお経「刀自女経」の一節。 如意宝珠を持し大刀を把むと読める。 だから 手元にある破損した荼枳尼天のお像を「刀自女経」のお姿に修繕する際に、結構悩んでいる。 理由は右手に持つのは「剣」…

るびぃ……まだまだ生きるぞ!

愛犬「るびぃ」が、脳の疾患で重篤な発作を起こし、「もうダメかも」と覚悟した事を、記事何度か触れた。 ryona.hatenadiary.jp ryona.hatenadiary.jp 丁度、不動尊華水供の加他行修行中だったため急遽「るびぃ」の病気平癒を願目に加えて祈った。当時、何と…

一日一回だけ

昔、武術の技を習得するためには、一日何回の反復練習が必要なのかよく考えた。当時、結局結論は出ずに「なるべく数多く繰り返すことが肝要だ」という大雑把な理解でいた。 皆さんも何かを習得するためには悩まれた事あるのではないでしょうか?スポーツ、習…

仏像修繕にみる「失錯行為」と「夢」の情報

「尼僧・漫画家の悟東あすかさんの話ではご神仏を描くと、ご神仏から色々と描き方に注文が入るらしく……」とコメントで教えていただいた。 これに関しては「あ、わかるな」と思った。 私レベルが何言うぞ?と思われるかもしれないが、神仏相手だ、個人的には…

刀自女経

得度して間もないころ、荼吉尼天をお迎えするにあたり師僧より「荼吉尼天尊・稲荷大明神礼拝次第」をいただきこの次第書にある「刀自女経」をよくお唱えするよういわれひたすらこの経を拝んでいたことがある。 www.yamasa-bunseido.com 私がお迎えするお像の…